土止め支保工作業主任者

土止め支保工作業主任者とは、土止め支保工事は、トンネル内の土止め壁を支保する縦方向の切りばり、横方向の腹おこし等の作業がある。労働安全衛生法で、これらの作業を行う場合には、作業者を指揮、監督する作業主任者を配置しなければならない。

 

 

土止め支保工作業主任者を取得するには、

 

@土止め支保作業の3年以上の作業従事者。
A大学、高専、高校の土木、建築科等を卒業し、2年以上の作業従事者。
B職業訓練法による建築、とび、土木、さく井科の訓練修了後2年以上の作業従事者。

 

 

労働局登録の各講習機関が実施する技能講習を修了したあとに、修了試験に合格することが条件。

土止め支保工作業主任者の資格関連エントリー

ずい道等の堀削作業主任者
ずい道等の堀削作業主任者は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
ずい道等の覆工作業主任者の資格
ずい道等の覆工作業主任者の資格は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
地山の堀削作業主任者の資格
地山の堀削作業主任者の資格は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。