介護・福祉系の資格一覧

ケアハウス(軽費老人ホーム)
ケアハウス(軽費老人ホーム)について ケアハウスとは、軽費老人ホームのことで...
有料老人ホーム
有料老人ホーム 民間事業者が運営・経営している施設です。有料老人ホームでは提供...
介護保険施設
介護保険施設について 介護保険施設とは介護保険による施設のサービスになります。 ...
介護事務管理士の資格について
介護事務管理士とは、介護福祉事業に携わる事業者や施設にて市町村への保健請求や給付...
ケアクラークの資格について
ケアクラークは、介護事務のエキスパート。介護事務業務の専門的なニーズが高まってき...
精神保健福祉士
精神福祉士は、精神的な障害で日常生活に支障をきたしている人に対して、社会復帰に向...
社会福祉士
社会福祉士とは、身体、精神上に障害があり、日常生活に支障のある人たちに助言や指導...
福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい環境を提案するア...

ケアマネージャー
ケアマネージャーとは、高齢者の希望や心身状況や生活環境、家族状況をもとにケアプラ...
介護福祉士
介護福祉士とは、少子高齢化が進む日本で今もっとも人手を要する仕事です。高齢者や障...

30代の就職,通信講座,講習,資格,検定 教育訓練給付制度対象講座はこちらから

30代の転職就職するための資格は努力して手の届く
範囲にある資格となるとだいぶ限られてきます。

ユーキャンは他の通信講座会社と違って
一切電話勧誘してこないので安心できます。

まずは今すぐ30代の就職で有利な資格を確認して下さい。
今すぐ確認⇒ ユーキャンで人気の資格ランキングをチェック!!


30代の就職転職に有利な介護・福祉系の資格記事一覧

ケアハウス(軽費老人ホーム)についてケアハウスとは、軽費老人ホームのことで、有料老人ホームのようにまとまった入居金もいらず、割安です。前年度の所得に応じて支払額が決められるのが基本で、18段階の利用料が設定されています。社会福祉法人や医療法人、農協が経営するものもあります。自治体が運営するものは、(1)住民票がその市区町村に3年以上ある(2)60歳以上(3)自立した生活ができる、の3つが入居条件で...

有料老人ホーム民間事業者が運営・経営している施設です。有料老人ホームでは提供されるサービスにより3つのタイプに分けられます。3つの『権利形態』があり、ほとんどが入居金を払って居住権を取得する利用権方式です。住宅型有料老人ホーム高齢者向け居住施設で介護サービスは提供していません。介護が必要になった場合は訪問介護などのサービスを受けながら、居室での生活を継続することができます。自宅で居宅サービスを受け...

介護保険施設について介護保険施設とは介護保険による施設のサービスになります。社会福祉法人、医療法人及び各自治体などが、設置・運営しています。特別養護老人ホーム自宅での介護が困難な高齢者(おおむね65歳以上)や、何らかの理由で日常的に介護が必要(要介護1〜5)な方が利用できる施設です。利用料は総じて安価なため、施設数は約5千以上ありますが待機されてる方が多いのが現状です。介護療養型施設療養型病床群や...

介護事務管理士とは、介護福祉事業に携わる事業者や施設にて市町村への保健請求や給付管理等の事務処理を行い、ケアマネージャーをサポートするのが仕事。介護保険制度を理解し、煩雑な事務処理を的確にこなせる人材の需要は高まっている。介護事務管理士を取得するには、実技試験:介護給付費用明細書の作成学科試験:法規(介護保険制度、介護報酬の請求についての知識)、介護請求事務(介護給付費単位数の算定、介護給付費用の...

ケアクラークは、介護事務のエキスパート。介護事務業務の専門的なニーズが高まってきている。資格取得後は在宅介護サービス事業者や介護保険委託事業者、老人保護施設、各種病院など医療機関から介護保険処理のコンピュータシステムのソフトウェア会社といった企業での仕事がある。ケアクラークを取得するには、受験するには6ヶ月以上の介護事務職の経験が必要ですが、実務経験のない人は認定委員会が規定するガイドラインに適合...

精神福祉士は、精神的な障害で日常生活に支障をきたしている人に対して、社会復帰に向けての相談にのったり、助言、指導、訓練、援助などをおこなう仕事です。精神保健福祉士を取得するには、受験資格に学歴や実務経験などの条件があります。試験は年に1回で試験科目が13科目と保健分野や福祉など広範囲な知識が必要です。実技不要のマークシート方式(5択)です。

社会福祉士とは、身体、精神上に障害があり、日常生活に支障のある人たちに助言や指導、相談、援助を行う専門家です。国民への福祉サービスの質の向上を図る為に1987年に介護福祉士とともに資格制度が創設された国家資格です。社会福祉士を取得する為には、試験科目が13科目と幅広い為、出題傾向対策を的確に、狙いを定めた学習が必要です。受験資格は、大学等で「指定科目」を履修した者 、 社会福祉士「養成施設」を卒業...

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい環境を提案するアドバイザーです。医療、福祉や建築などの専門家と連携をとりながら、適切な住宅改修プランを提供するのが主となる仕事です。福祉住環境コーディネーターを取得するには、年齢、国籍、学歴、経験等に関係なく誰でも受験が可能です。試験は年2回で全国約300ヶ所で実施されます。1〜3級までありますが、2級と3級は同時に受験が可能。福祉住...

ケアマネージャーとは、高齢者の希望や心身状況や生活環境、家族状況をもとにケアプランを作成して、市町村や事業者との連絡、調整を行っていく専門家です。現在、介護を必要としている人は440万人(平成19年3月末現在。厚生労働省資料より)。介護保険制度を利用するために必要なケアマネージャーはまだまだ不足している状態にあります。介護分野に参入する企業も多く、有能なケアマネージャーには大きな期待が寄せられてい...

介護福祉士とは、少子高齢化が進む日本で今もっとも人手を要する仕事です。高齢者や障害者が少しでも自立した生活が送れるように、日常の介護や介護者の指導を行うために、必要な知識と技術を修得した人の資格です。老人ホームや在宅介護支援センター 福祉施設、ホームヘルバーなど介護福祉士を取得するには、養成施設に2年通うか、3年以上の実務経験が必要です。試験には筆記と実技(または技術講習)があります。試験の前日ま...