介護保険施設

介護保険施設について

 

介護保険施設とは介護保険による施設のサービスになります。
社会福祉法人、医療法人及び各自治体などが、設置・運営しています。

 

特別養護老人ホーム

 

自宅での介護が困難な高齢者(おおむね65歳以上)や、何らかの理由で日常的に介護が必要(要介護1〜5)な方が利用できる施設です。利用料は総じて安価なため、施設数は約5千以上ありますが待機されてる方が多いのが現状です。

 

 

介護療養型施設
療養型病床群や老人性痴呆疾患療養病棟、介護力強化病院など、介護保険で利用できる施設を持つ病院・医院のことを介護療養型施設といっています。老人保健施設よりも長期の療養が必要な方に向けた施設です。施設数は約4千くらいです。

 

 

介護老人保健施設

 

病院での治療を終了した人が、自宅に戻る前に機能訓練などを行うための「中間施設」です。
施設数は約3千くらいあり、入所期間が限定されています。

介護保険施設関連エントリー

ケアハウス(軽費老人ホーム)
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
有料老人ホーム
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
介護事務管理士の資格
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
ケアクラークの資格
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
精神保健福祉士
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
社会福祉士
社会福祉士は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーターは積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
ケアマネージャー
ケアマネージャーは積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
介護福祉士
介護福祉士は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。