ケアクラークの資格

ケアクラークは、介護事務のエキスパート。介護事務業務の専門的なニーズが高まってきている。資格取得後は在宅介護サービス事業者や介護保険委託事業者、老人保護施設、各種病院など医療機関から介護保険処理のコンピュータシステムのソフトウェア会社といった企業での仕事がある。

 

ケアクラークを取得するには、受験するには6ヶ月以上の介護事務職の経験が必要ですが、実務経験のない人は認定委員会が規定するガイドラインに適合する教育訓練を修了すれば受験資格が得られます。教育訓練は通信での受講も可能。

 

ケアクラークの資格関連エントリー

ケアハウス(軽費老人ホーム)
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
有料老人ホーム
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
介護保険施設
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
介護事務管理士の資格
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
精神保健福祉士
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
社会福祉士
社会福祉士は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーターは積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
ケアマネージャー
ケアマネージャーは積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
介護福祉士
介護福祉士は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。