ケアハウス(軽費老人ホーム)

ケアハウス(軽費老人ホーム)について

 

ケアハウスとは、軽費老人ホームのことで、有料老人ホームのようにまとまった入居金もいらず、割安です。前年度の所得に応じて支払額が決められるのが基本で、18段階の利用料が設定されています。社会福祉法人や医療法人、農協が経営するものもあります。自治体が運営するものは、(1)住民票がその市区町村に3年以上ある(2)60歳以上(3)自立した生活ができる、の3つが入居条件です。ケアハウスとは老人福祉法に基づく居住施設で、60歳以上の高齢者が自立して生活できるように配慮されたケアサービス付きの賃貸住宅である。

 

グループハウス(グループリビング)
認知症(痴呆症)高齢者に限定せず、一人暮らしのお年寄りを中心に共同生活をおくるための民間施設です。「一人暮らしは寂しいし、不安」という高齢者が少人数で交流し、助け合いながら生活をともにしていきます。

 

 

グループホーム
各自治体から介護保険の「痴呆対応型共同生活介護」の認定を受けている認知症(痴呆症)高齢者向け施設です。少人数の家庭的な雰囲気の中で共同生活を送ります。民間事業者によるものから、社会福祉法人、医療法人、各自治体によるものまで、施設数は約5千以上あります。

 

シニア住宅(高齢者住宅)
家賃方式をとっている高齢者住宅です。一時払い方式のほか、一時払いと月払いの併用があり、食費や管理費などの諸経費も必要になります。入居条件は「60 歳以上で、健康で自立生活ができること」で、住民票の移動も必要になります。介護が必要になった場合は「介護専用型」への住み替えも可能です。おおむね60歳以上の高齢者向けに、バリアフリー化した住宅、談話室や健康管理室などの施設、生活相談や家事など自立生活を支援するサービスを提供する。家賃の払い方は、入居時一時払い(終身利用権方式)、一時払い・月払い併用(賃貸方式)がある。

ケアハウス(軽費老人ホーム)関連エントリー

有料老人ホーム
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
介護保険施設
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
介護事務管理士の資格
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
ケアクラークの資格
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
精神保健福祉士
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
社会福祉士
社会福祉士は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーターは積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
ケアマネージャー
ケアマネージャーは積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
介護福祉士
介護福祉士は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。