調剤報酬請求事務専門士(1級・2級)

調剤報酬請求事務専門士は、医薬分業で新たなニーズで登場!薬剤報酬のプロの資格。薬剤にかかわる高い事務処理能力で医療分業を支えるスペシャリストといえる。保険診療を支える実務能力を認定。

 

政府が推進する医薬分業の中、急速に変化をとげる調剤薬局において、
薬剤師を強力にバックアップできる、優秀な「調剤報酬請求事務専門士」
育成を目的に、検定試験の企画・運営・実施を、
国の機関により指定登録された(登録第4694557号)唯一の協会として、
調剤報酬請求事務専門士検定協会は活動しています。

 

調剤報酬請求事務において、正式に履歴書等に記載ができる唯一の「専門士」資格検定試験です。

 

調剤報酬請求事務専門士(1級・2級)受験資格制限なし
調剤報酬請求事務専門士(1級・2級)受験料7500円
調剤報酬請求事務専門士(1級・2級)試験会場
札幌、仙台、新潟、東京、さいたま、習志野、金沢、静岡、名古屋、大阪、
岡山、広島、高松、福岡、熊本、那覇

 

調剤報酬請求事務専門士(1級・2級)試験内容
公費負担医療制度、保険医療機関の指定、医療保険制度等、保険医の登録等についての知識、療養担当規則等、診療報酬等、薬価基準、材料価格基準、診療報酬等、医療用語等介護保険制度の概要

 

-----------------------
調剤報酬請求事務専門士(1級・2級)はどんな勉強が必要?
---------------------------
医薬分業化がすすみ、治療と薬剤もそれぞれに専門化してる中で、調剤報酬請求事務などを行う専門職。2002年から運用が始まり仕事の重要性は年々高まっています。調剤レセプトを作成するなど。

 

----------------------------
調剤報酬請求事務専門士(1級・2級)の活用方法
----------------------
調剤報酬請求事務専門士(1級・2級)の活躍の場は多岐に渡り就転職に有利。医療分野への強力なアピールになります。調剤薬局の数が増加していく中で、専門知識を持った人材は不足気味です。需要のとても高い専門職なので調剤報酬請求事務専門士(1級・2級)の資格取得は製薬会社や医薬品会社への強力な材料になります。

 

 

調剤報酬請求事務専門士の特徴
試験問題は、全国の会員薬局から選出された作問委員により作製され、さらに検定委員会にて最終問題にしております。
その結果、他の検定試験と異なり難易度は高いですが、リアルタイムで調剤薬局ニ−ズにマッチした試験内容といえ、薬科大学や、各薬局において学内教育・社内教育の一環として多数導入実績があり、合格者は手当ての対象となるなど、価値有る内容となっております。

 

 

調剤報酬請求事務専門士の更新制度
社会的責任と、合格者レベルの一定化により、社会的評価の向上・易就職性を目的として、2年に1度更新があります。
更新時に、6.000円の費用が発生いたしますので、予めご了承下さい。
尚、詳細は協会事務局へお問い合わせ下さい。

 

 

「調剤報酬請求事務専門士検定試験」は、調剤報酬請求事務の尺度となるべく、国の機関によって 認可され、履歴書に記載できる調剤報酬請求事務最高レベルを誇る、国内最初の全国統一試験です。

 

 

お問い合わせ先
本部     〒176-0002 東京都練馬区桜台5-40-2
統括部事務局 〒171-0014 東京都豊島区池袋2-24-6 林ビル2F

 

問い合わせ電話番号
検定試験等一般  03−3981−0983 (平日11:00〜17:00)
就職支援センタ-  03−5928−5529 (平日11:00〜17:00)

調剤報酬請求事務専門士(1級・2級)関連エントリー

保育士の資格
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
ペットシッター士の資格
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
校正士
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
税理士
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
世界韓国語認証試験(KLPT)
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
メンタルセラピスト
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
健康管理士一般指導員
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
マイクロソフト認定資格
積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
30代の就職:MOS
30代の就職では積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定が必須でしょう。
木下優樹菜が歯科助手の資格に合格
ユーキャンの歯科助手通信講座。30代の就職では積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定が必須でしょう。