MBA(経営管理学習士)の資格

MBA(経営管理学習士)とは、泣く子も黙る!?ビジネス業界最強の通行手形として、ビジネスエリートのパスポートとして独立開業のためにではなく、企業により高く売る転職の武器として使われているケースが多い。

 

 

MBA(経営管理学習士)では、前提となる基礎知識に、MBAは「マスター・オブ・ビジネス・アドミニストレーション」の略で、日本語訳では「経営管理学習士」。「資格」ではなく「学位」になる。海外では大学院から独立したビジネススクール(BS)修了を意味している。

 

BSは企業の管理職や幹部候補生を育てる専門学校である。

 

MBAでは、基本的にはある程度以上の職務経験者を対象として、ケース・メソッドと呼ばれる教育法を軸に徹底的に実践的な「経営管理学」を叩き込んでいる。

 

 

MBA(経営管理学習士)を取得するには、基本的に大学卒業者。BS(ビジネススクール)によって試験が異なり、一般的には、入学までに大学の成績証明書、TOEFFLやGMATのスコア、エッセイ、推薦状、面接などの審査手順があります。

 

■MBAとは修士号を取得し、経営管理者を目指す基礎知識

 

MBAで特に注目を集めているのが、MBA取得を目指した留学である。MBAとはMaster of Business Administrationの略で、日本語では「経営(管理)学修士」と訳されている。そのMBA取得者とは、経営学について大学院レベルの学識を備えている者ということになる。とはいうものの、プロフェッショナル・スクール(実学系)であるビジネススクールでは、学術系の大学院とは異なるようで、単なる学究的な活動に留まらず、社会で即戦力となりうる経営管理者の養成にも重点が置かれている。

 

 

MBA経営管理学が初めて論じられだしたのは、アメリカのペンシルバニア大学のウォートンスクールがはじめと言われているが、その後ハーバード大学のビジネススクールが、ケース・スタディを主とした教育法を開発した。

MBA(経営管理学習士)の資格関連エントリー

米国公認会計士
米国公認会計士は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
米国公認会計士(USCPA)の資格
米国公認会計士(USCPA)の資格は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。
国際会計検定(BATIC R)の資格
国際会計検定(BATIC R)の資格は積極的に自分をアピールする為に、役立つ資格や検定です。